当社のCSR

法令遵守
(コンプライアンス)

・Gマーク認証
・Pマーク認証
・IT点呼
・反社会的勢力の排除
・各種研修(ハラスメント・CSR・コンプライアンス)


安全

・デジタコ装備
・リフトドライブレコーダー
・事故管理システム
・安全会議


地域環境・社会との共生

・グリーン経営認証
・モーダルシフトの推進
・LED照明の導入
・リユースバッテリー導入
・電力デマンド管理
・ゴミ減量
・AED救助資格推進 ・近隣地域を含めた5S活動
・災害地支援
・環境家計簿の推進
・グリーン・エコプロジェクトへの参加
・エコシステムアカデミーへの参加


法令遵守(コンプライアンス)

◇Gマーク認証
◇Pマーク認証
◇IT点呼
◇反社会的勢力の排除
◇各種研修

安全

◆デジタコ(デジタルタコグラフ)装備

自車トラックにデジタコを装備することで走行中の安全を常にドライバーが意識すると共に、走行記録を的確に把握し、安全指導や労務管理に活かしています。


◆リフトドライブレコーダー

荷役のフォークリフトにはリフトドライブレコーダーを装備し、乗務マニュアルに沿った操作を行うよう日々意識し、安全会議で録画内容を皆でチェックし合うなど、庫内事故の抑止に活かしています。


◆事故システム

事故やクレームの内容を全社で共有し、事故撲滅にむけて全社をあげて取り組んでいます。


◆社内での安全ミーティング

KYT(危険予知トレーニング)や事故原因分析対策など、製品事故・輸送事故・労働災害共に撲滅を 目指し髙い物流品質を保てるようPDCAを行っております。


◆外部講師による安全会議

外部より専門知識を有する講師を招いてのトラック・リフトの安全運転指導、 正しい車両整備・点検知識等の講習(拠点別・少人数での勉強会)を行い、 現場全員の安全意識向上に取組んでいます。


地域環境貢献・地域社会との共生

◆モーダルシフトの推進


◆LED照明の導入


◆リユースバッテリーの導入

荷役用リフトに、再生(リユース)バッテリーを導入しております。 使用済バッテリーを廃棄せず再生利用することで、従来型『廃棄&新品に交換』に比べ、 産業廃棄物の削減および製造工程でのCO2排出量削減効果があります。



◆電力デマンド管理


◆グリーンエコプロジェクトへの参加

ドライバーを含む従業員一人一人にCO2排出量低減(環境負荷低減)による社会貢献・社会責任を意識づけさせることを目的にグリーンエコプロジェクト(※)に参加しています。 (※)東京都トラック協会がエコドライブ推進を目的として2006年に発足。 2006~2012年の7年間でCO2換算44,175tを削減している。 (現在は全国で532社、約1.2万台が参加)


◆近隣地域を含めた5S活動

5S(整理・整頓・清潔・清掃・習慣)活動の一環として社屋に留まらず近隣道路と公園の清掃活動を行っております。 街の美化が促進されると共に、除草・殺虫・落ち葉除去によって利用者の快適性や安全性も守られています


◆環境家計簿の推進

三菱製紙グループ全体で促進している『環境家計簿』※に、従業員の多くが参加し、家庭でのCO2排出量を意識し減らす行動に繋げるよう啓発しております。  ※『環境家計簿』・・家庭でのCO2削減の推進を目的として、毎月の電気・ガス・水道の使用量を記入しCO2排出量を把握していく国民運動のひとつ。 


◆ゴミ削減への取り組み

産業ゴミの削減に向けて様々な取り組みを行っております。 取り組みに関して、平成26年度は大阪市より優良事業所として表彰されております。


◆AED講習による救助員の育成と近隣地域への提供


◆災害時支援

東日本大震災、熊本地震の発生時には無償で水を輸送する等災害時支援を行っております。